RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

素敵にハワイウエディング

ハワイ挙式のこと、ハワイの暮らしについてなど思ったことを気ままに書いてます。あくまで気まま。
<< ハワイはやっぱり海 | main | バケツの水をひっくり返した >>
リーガルウエディング
0
    ハワイのリーガルウエディングについて少し。

    普通、日本人がハワイで挙式する際には、法的に効力のない挙式を申し込むのがほとんどですが、ハワイ州にお二人が結婚したことを正式に記録に残すのが、このリーガルウエディングです。

    まず、ダウンタウンにある州の衛生局にパスポートを持って二人で行きます。所定の用紙に記入して、まずは Marriage License を取得します。この際、係官との面接があります。面接といっても、住所、名前などすでに用紙に書き込んだことを質問され、それに間違いがないことを宣誓するくらいで、あまり大仰なものではありません。込み合っている時には1時間以上待たされることがたまにありますが、大体1時間ほどで終わります。

    リーガルウエディングをする方は、日本で婚姻届を出さずにハワイに来てくださいね。衛生局には、ハワイ到着日に行かれる方がほとんどだと思います。それから、挙式手配をお願いした会社に、予めリーガルウエディング希望と伝えておかれることをおすすめします。

    取得したMarriage License を持って、挙式場に行きます。リーガルウエディングだからといって、特別な式次第になるわけではありません。挙式が終了すると、牧師先生が二人からMarriage Licenseを受け取って、Marriage Certificate 取得に必要な手続きをしていただけます。

    ハワイ州衛生局から、日本のご自宅にMarriage Certificate が送付されてきますが、通常は4ヶ月くらいかかるようです。

    もし、戸籍に米国、ハワイ州で結婚したということを書き入れたい場合は、このMarriage Certificate を婚姻届と一緒に提出すればいいそうですが、挙式してから4ヶ月もあとの提出では無理と聞いたことがあります。その場合、挙式手配した会社に代理手続きしてもらえば、約1ヶ月でスピード発行してもらったものを、代理人として衛生局から受け取って日本に送付してくれるというサービスをしているところもあります。

    私たちも、代理手続きについてご希望のかたにはアシストしていますので、興味のあるかたは相談してみてくださいね。





    | ウエディングTIP | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.hawaiiweddingoption.com/trackback/218771